パリでの同時多発テロについて思うこと

フランスのパリで起こった同時多発テロは、あのアメリカでの9.11を嫌でも思い出させます。旅客機が高層ビルに体当りするなんてフィクションの世界でしか見たことがなく、人間はここまで狂気を持つことができるものかと戦慄したのを覚えています。報道によると、テロリストたちは無表情で淡々と機関銃を乱射していたとか。またもや多くの善良な人々が理不尽な殺され方をしたことに、心が痛みます。憎しみの連鎖は、いつになったら終わるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください